• 排出ガスの種類に応じたスクラバーの設置を

    工場などに設置されることの多いスクラバーは、排気ガスをクリーンにするための洗浄集塵装置で、洗浄塔システムと呼ばれることもあります。

    今までになかったスクラバーならこちらのサイトがオススメです。

    仕組みには様々な方式がありますが、一般的には下部からガスを送り込んで上部からは洗浄液(水などの溶媒)を噴出します。
    その過程で排気ガスに含まれている粉塵や有害物質を吸着して集塵します。
    このように水分を使用してガスの浄化を行う装置をまとめて湿式と呼び、加圧水方式や回転式などの洗浄方法があります。
    設置する場所や凝集させる有害物質の種類によって使い分けることが求められます。フィルターを通過させる乾式のものもあり、ガスの特性に合わせて設置することが重要です。
    スクラバーの普及によって、控除からの排気ガスは悪臭や有害物質などをほとんど含まないクリーンなものとなりました。


    大気汚染公害が深刻化していた時代には、このような浄化装置が未整備だったこともあり、工業都市では人体に与える影響も大きく「公害病」の発生も社会問題化しています。


    現在は排出ガスの基準が厳しく管理され、高性能なスクラバーも普及していることから、大気汚染公害は激減しています。



    設置にはスクラバーの構造をしっかりと把握し、高い技術を有している専門の会社に依頼することが重要です。



    設置後の定期点検やメンテナンスに関しても、性能の維持という観点から専門会社に任せることをお勧めします。

    適切な管理を行うことで、スクラバーの性能は長期間維持することができ、周辺環境の保持保全につながります。