• スクラバーのメンテナンスは極めて重要

    スクラバーは洗浄塔とも呼ばれる装置で、煤塵を排出する工場の排気を浄化するために必須とも言える設備です。

    スクラバーのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

    廃棄には多くのチリや有害なガスが含まれており、それらを未処理のまま排出すると極めて深刻な大気汚染を引き起こします。
    かつて日本国内で頻発した向上排ガスによる大気汚染公害は、洗浄等などの浄化装置が普及していなかったことによるものです。

    現在は排出ガスに含まれる成分に厳しい基準が設けられており、適正な処理を実施することが求められています。

    基本的にスクラバーは、縦長で筒状の形状をしています。

    洗浄塔と呼ばれることもあるのはその形状によるもので、比較的大きな装置となります。

    装置の内部にアルカリ性もしくは酸性の洗浄液を噴出させて、向上からの排気に含まれる汚染物質を中和して除去をする湿式と、汚染物質の吸着性が高い活性炭等を利用した高性能フィルターに排気を通過させ有害物質を吸着除去する乾式という仕組みに分けることができます。
    いずれの方式を用いている場合にも、定期的に適切なメンテナンスを実施することが求められます。



    管理が行き届いていない状態でスクラバーを使用し続けると、十分に排気を浄化することができなくなり、悪臭や有害物質の放出など大気汚染公害を引き起こしてしまう可能性が高くなります。
    工場の周辺に住宅地や商業地がある場合には、特に大きな問題となる可能性もありますので、しっかりと専門の会社にメンテナンスを依頼することが重要です。