• 大気汚染防止に活躍するスクラバー設置の必要性

    スクラバーは洗浄塔とも呼ばれ、工業の工場やプラントなどで生成された煤塵や有害なガスを除去するための装置です。

    安心安全のスクラバーについて親身になってアドバイスいたします。

    つまり大気汚染の原因になる微細な有害物質を除去するために活用される装置で、人体の健康を保護したり自然環境の保護のために建てられます。実際に過去にも大気汚染を原因に、人がそれを呼吸することで喘息などを始めとする様々な症状を引き起こし、公害になったこともあるぐらいで、空気を洗浄をする必要性があるのも事実です。
    もっともスクラバーが設置される場所は、有害な排ガスなどを排出する施設で、施設内の他に施設外にも設けられるケースも見られます。



    近年は大陸を偏西風によって移動する微小粒子状物質・黄砂などの問題もあり、国内のあらゆる場所でその装置を設ける必要性も起きています。

    ただ主に産業用で設置されることが多い装置であり、大気中の汚染物質の濃度が著しく高まった場合にそれを稼働させるシステムになっていることも多いです。

    スクラバーに関しては、その目的は排気ガスに含まれる有害物質や腐食性を持つ物質を除去し、それによって中和させる装置となります。その方法も湿式洗浄・乾式洗浄・吸収式などが存在し、他にも燃焼をすることで有害物質を除去できるケースも存在します。



    スクラバーの稼働に関して大切になることは、そのメンテナンス作業をしっかり行うことで、取り除いた有害物質を適切に処理を行うことがポイントになります。
    逆にバクテリアの流布を引き起こす可能性もあるため、その稼働に当たっては定期的なメンテナンスをどうするかの注意が必要です。