• 散気管を使ってできること

    散気管は油分やSSなどの汚泥や悪臭を微生物を活用して処理するために開発されたものです。
    その調整槽と前処理槽の内部を撹拌するんですが、その処理にあたり必要になる電気代は依然と比べ減少しています。一方で酸素溶解力は増加しています。微生物の働きについてもくわしく説明しましょう。

    微生物に酸素呼吸をさせることによって硫化水素などに起因する悪臭を抑えます。

    その他の特徴としてカルシウムやシリカの沈降も防ぎます。
    また前処理ができる水槽であれば加圧浮上をなくせることも特徴です。

    パン工場や自動車メーカーなどで散気管が導入され活躍しています。
    具体的には食品加工や産廃処理における排水の処理を行っています。鉱物油を含んだ排水の処理も可能です。
    さらに池や地下水などにも対応しています。


    中には集塵を得意とするものもあります。

    ガス処理が得意なものも需要があります。

    既設の散気管の交換コストをできるだけ抑えたいという要望も多いです。

    散気管を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

    微細気泡ホースと呼ばれるものなら表面のメンブレン交換だけに対応しています。



    一般的な塩ビの管に微細気泡ホースを被せて専用バンドで留めれば、超微細気泡散気管になります。

    超微細気泡散気管の溶解効率については非常に高いですし、波立ちの少ない曝気も可能です。



    微細気泡ホースは塩のビ管の長さに合わせて切って使うことができます。


    このような特徴がある散気菅はメッキ工場や畜産や養殖の施設などでも活躍しています。